土地を買って住宅を建てる際に困った点

私は都内に土地を買って、戸建て住宅を建てると言うことをしました。そしてその際に、都内の住宅は土地の値段が高いのに建物の高さ制限が結構シビアにあるので、戸建てを建てる際に地下を作ろうと考えていました。そして、木造住宅か鉄筋コンクリートで建物を建てることを考えていたのですが、地下を作るためには地盤工事がとても重要で、結果思った以上の出費になってしまいましたが私は結構家族が多くさらに2世帯住宅で使おうと考えて買った土地だったため、地下を作らなければ部屋数やスペースが絶対的に足りなかったので仕方なくコストがかさんでも作ることになりました。そして地下はしっかり地盤を作らなければいけないため、コンクリートを使用して作ることになりました。そのため地下はコンクリートむき出しの部屋になってしまい、少し寒々しさがあるのであまり活用できていない状態です。なのでこのように都内だと土地が高いことから、なるべく土地を最大限に利用しようと地下を建設ることを踏まえて土地の購入を考える人も多いかと思いますが地下を作るという事は色々と大変なので事前のリサーチが必要だなと感じました。そして結果的にこう私は地下を作るだけで1000万円近くのお金を使ってしまったので、そう考えるともっと高い建物を建てれる場所や、都内をはずれても宇都宮付近のもっと広い場所の土地を買った方が効率が良かったのではないかと感じています。そして、土地を買う際に自分でも何となく地下を簡単に作れるかどうか調べたり不動産会社の方に聞いたりもしてみたのですが、実際にどのぐらいのコストがかかるかというのは土地を掘ってみないとわからないものなので購入前にそこまで詳しい情報を得るためには、地盤の専門家の調査してもらう必要があるではないかと感じました。ただ、まだ購入していない段階で購入予定の土地を地盤調査するのはある程度限りがあるので、この経験から地下を作る前提で土地を買う事はなるべく避けたほうがいいなと思いました。

PR|オーディオ|童話|工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|英語上達の秘訣|SEOアクセスアップ相互リンク集|JALカード|お家の見直ししま専科|サプリメント|GetMoney|お小遣いNET|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|心の童話|生命保険の選び方|